macOS 10.13.2 へのアップデートで SOCKS proxy の挙動が変わった

これでちょっと困ったぜ、というメモ。

2017/12/13 macOS High Sierra 10.13.2 アップデートについて - Apple サポート

 

業務で普段 SOCKS proxy を使っている。

f:id:kura-replace:20171221113509p:plain

で、これを ON にしつつ、ssh で踏み台を経由しつつ社内のサーバーにログインしていたのだが、アップデートしたらこの ssh が固まるようになった。

 

・対策

上記ダイアログの「プロキシ設定を使用しないホストとドメイン」に踏み台を記述する。

 

これつまり踏み台への ssh がプロキシ経由になっているんだろうと思うが冒頭のリンクにそんなこと書いてないんだよなぁ。PAC ファイル対応の影響っぽい気はする。