読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitter はもっとシステム改善すべき。

生活

Twitter は二つの問題を緩和するためにシステム改善すべきだと思う。

■ 140 字制限の煌きを潰す URL の存在

 Twitter といえば 140 字である。それが生み出す価値はとても 140 字では語れぬ。

 で、この 140 字の価値を叩き潰すヤツが居るんである。それが URL 。URL の長さはリンク先の情報量と無関係なので、画像 1 枚のページへのリンクであっても長ったらしくなることがあるし、逆に膨大な文書へのリンクであっても短くなることもある。140 字という制限の中で言葉を選んで文字数削って post しようとしているのに、URL は無情に文字数を削ってくる。これは全く嬉しくない。
 また最近では短縮 URL というのがある。t.co とか bit.ly とかがよく使われているが、これには嫌らしい問題がある。例えばドメインが隠蔽されること。例えば元 URL との同一性チェックに手間がかかること。例えばクライアントアプリの操作でうっかり多重短縮化されること。これらの犠牲を払ったところでリンク先の情報の価値が上がるわけでも無いというのに。

 こんな問題だらけの URL とかいうモンは、ただちに 140 字制限から除外すべきである。
 ... と思って代案を考えていた。
 
 ・URL は 140 字に制限されていたはずの情報量を無限に増幅する機構でもある。
 ・また、本文のどこに URL を入れるかは発言者に自由があることにも留意すべきである。
 ・さらに、もし仮に 1 post にいくつも URL を貼れてしまうと 140 字制限の魅力が薄れてしまう。

従って、URL を 140 字制限から除外するのであれば、その長さは最短かつ固定にして本文に埋めるのが妥当だと思う。

 例えば、
「このページ( http://www.some_url.com/page.html )に詳しいことが書いてあるよ。あとこのページ( http://www.some_url2.com/page2.html )も参考になる。」
という post は
「このページ( @01 )に詳しいことが書いてあるよ。あとこのページ( @02 )も参考になる。 」
に短縮したらいい。肝心の URL は 140 字に含めずに送受信したらいい。これなら本文が短いときほど貼れる URL の数が多いので 140 字制限の良さが残るし、短縮のシステムも不要になる。

 「んなことしたら読みづらいし入力しづらい」と言われそうだが、それはクライアントアプリの対応でどうとでもなる。


■追加フォローの動機を減衰させるタイムライン

 誰かをフォローするとタイムラインの進みが速くなる。その人の post を追っかけたくてフォローするわけだけど、僕が無駄 post ばかりするようにフォローした人が有益なことばかりを post するわけではない。従ってタイムラインはノイズで溢れてしまう。これは有益な post を埋没させる効果を生む。*1

 そもそも相反している。

 フォローすればするほど有益な情報が入ってくるはずなのに、フォローすればするほど有益な情報が霞んでゆくんである。これはもうシステムが悪いとしか言いようがない。

 ではどうするかというと何らかのフィルタが要るだろうと思う。コンピュータは僕の趣味嗜好の動向を知らないので、何とかして無機質にフィルタリングする方法しか採れない。
 Twitter にはリストという機能がある。これはアカウントをいくつかまとめて別のタイムラインを作る機能である。... が、そもそも「アカウントに」興味があるからフォローしてるんであって、「アカウント単位で」フィルタリングすることに何の意味もない。膨大な Twitter ユーザーからピックアップ、つまりフィルタリングしてフォロー/アンフォローした結果がタイムラインである。それをさらに同じ要素でフィルタリングするなんてバカげている。
 従って、フィルタリングは「post 単位で」行われるべきである。
 Twitter にはクライアントソフトがたくさんある。クライアントのいち機能としてフィルタを搭載することも可能である。しかし「クライアント単位で」フィルタリング方法を使い分けたいとは思わない。やはり Twitter のシステムにフィルタ機能が搭載されているべきだと思う。


 ... と偏見プログラマは思っていたんだが、こうして blog のエントリにようやく書けたので、この妄想のことは今日限りさっぱり忘れるとしよう。(←既視感)

*1:ここでいう有益っていうのは情報の正確性云々に限らず、面白いネタ post を見つけられるとか、そういうモノも含む。